モビットを利用する際の注意点

キャッシング限度額の増額おススメサイト集

モビットを利用する際の注意点

モビットを利用する際の注意点

モビットは三井住友銀行の傘下ではありますが、消費者金融です。消費者金融では総量規制がかかってきます。総量規制とは、個人の借り入れ総額が年収の3分の1までしか貸し付けることができないという法律です。この法律によって、すでに年収の3分の1を超えて借りている人は借り入れを行うことができなくなりました。その裁量規制から逃れるために、銀行が行っているおまとめローンを利用する人が多いようです。このおまとめローンはいくつかの消費者金融からお金を借りている際にまとめて一か所から借り入れることにより、金利を下げて返済総額を下げることができます。またこのおまとめローンは総量規制がかからないものとなりますので、利用する人は多いようです。モビットの借り入れを用いておまとめしようとする方もいらっしゃいますが、モビットでは総量規制がかかってしまいますので、年収の3分の1を超えている場合には返済しない限り借り入れを行うことは出来ません。それでも金利が下がって返済総額が下がるのでモビットでおまとめする人も多いようです。支払先が一つになるのも管理しやすくて便利だといえるでしょう。

手数料もかかります

他の注意点としては三井住友銀行のATM利用意外ではでは手数料がかかってきます。引き出しの際や返済の際に利用するATMの手数料は利用者負担となります。三井住友銀行のATMの手数料は無料ですので、それを利用して手数料への支払いを少なくすることができるでしょう。近くに三井住友銀行のATMがないか前もって調べておくことができるでしょう。またモビットには口座振替という便利なサービスがあります。指定されている返済日に自動で口座から返済額が引き落とされる仕組みになっています。しかしこの口座振替は三井住友銀行の普通預金口座を持っているか、三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていなければなりません。開設していない場合は利用することができませんので、前もって開設しに行く必要があるといえるでしょう。

無利息サービスもない

金利を少しでも少なくしたい人にとっては、何日間か無利息のサービスを行っているところを探すかもしれません。モビットはそのサービスを行っていませんので、注意が必要といえるでしょう。限度額が他の消費者金融に比べて大きいですが、こういった一定期間の無利息サービスなどは行っていませんので、短期で借りる人は注意が必要だといえるでしょう。金利が無利息であっても期間を過ぎてしまうと高くなることもありますので、それを考慮して決定することができます。

 

 

モビットより利用者の多いキャッシングはコチラ

 

【モビットより利用者数が多いランキング】

 

 

【↓↓限度額の増額方法↓↓】

 

モビットの限度額を増額する方法はコチラ