モビットのデメリットをあげてみました

キャッシング限度額の増額おススメサイト集

モビットのデメリットをあげてみました

モビットのデメリットをあげてみました

お金の借り入れを考えている場合には、どの会社を選ぶか考えることでしょう。金融会社によってプランやサービスが異なっています。メリットだけを見るのではなく、デメリットを考慮することは重要であるといえるのではないでしょうか。ここで考えてみたいのは、モビットのデメリットについてです。テレビのコマーシャルなどでは良いイメージが強いモビットですが、他の消費者金融会社と比べてデメリットはあります。どんな点があげられるでしょうか。金利が金融会社の中では高めになっているという点があげられるかもしれません。モビットの金利は3.0%から18.0%となっています。銀行のカードローンとの比較をすると、4.0%から14.0%のカードローン金利であったり、4.0%から14.5%のカードローン金利のところがあります。借入の金額によっても異なってきますが、上限がモビットの方が高いので金利は高めだといえるでしょう。他にも低金利のプランを前面に出している消費者金融があるので、そういったところと比べると金利は高めだといえるでしょう。他には、無利息期間というサービスを付けている消費者金融があります。最初の30日間は無利息で借入ができるというプランがあるので、初めての人でも利用しやすいと評判のプランですが、このプランはモビットにはありません。ですから、最初の利用から借入金額に金利が付いた額を返済する必要があります。最初から金利を少しでも少なくしたいという人にはデメリットとなるでしょう。

裁量規制の対象になってしまう

銀行以外の消費者金融はすべて裁量規制にかかってしまうといえますが、モビットもその裁量規制の対象となってしまいます。ですから、年収の3分の1以上は借り入れができなくなってしまうということです。借り入れる量に制限がかかりますが、借り入れしすぎることがないという点ではいいのかもしれませんね。返済をすることによってまた借りることができますので、計画的に借りるように心がけましょう。返済には色々な場所にあるATMから返済することができますが、手数料がかからないのは、三井住友銀行のみとなっているのでその点でも注意が必要かもしれません。何度も利用すると、数百円の手数料だったとしても、積み重ねていけばかなりの金額になってしまいます。金利が抑えられたとしても、借入時または返済時の手数料で支払額をあげてしまうことがないようにその分の手間が必要となってくるという点ではデメリットだといえるでしょう。デメリットを考慮してモビットを利用しましょう。

 

 

モビットより利用者の多いキャッシングはコチラ

 

【モビットより利用者数が多いランキング】

 

 

【↓↓限度額の増額方法↓↓】

 

モビットの限度額を増額する方法はコチラ